無線機の基本を学ぶ

おすすめの使い方

おすすめの使い方 無線機の中でも「ハンディ」タイプのものは、外部電源を使わない点がその最大の魅力です。このように外部電力を使うことなく使用することができるので、ハンディ無線機はアウトドアやハイキング、登山などでそのフットワークを活かして柔軟に使用することができます。また、車のドリンクホルダーなどに置き簡易的なモービル運用を行えるなど、その楽しみ方の多彩さも大きな魅力と言えるでしょう。
そしてこの使い方の幅の広さを誇る存在ゆえ、初心者の方が始めやすい存在と言えます。ただし、手軽に始められるその身軽さを誇るがゆえとも言える特徴として「モービル機」などに比べると送信力がやや弱いという点には注意が必要です。しかし弱いと言っても高い山の上などで運用すれば、1.5Wほどのものであっても50キロメートルもの距離のやり取りも簡単に行えます。もちろん相手の無線設備にもよりますが、このように多彩な楽しみ方ができるのでぜひ参考に活用してみてはいかがでしょうか。

無線機があれば交信しながらのハイキングも可能

無線機があれば交信しながらのハイキングも可能 アマチュア無線機のハンディ機が欲しいのでカタログを貰って来たけれど、カタログにはどれくらいの距離を網羅できるのか、こうした情報が記載してないケースが多いのではないでしょうか。アマチュア無線機の小型タイプには5W程度の機種や1.5W程度のローパワー機が主体で、1~2キロの中での通信が可能です。
都心部などの場合は、ビルなどがある関係乗、1~2キロがさらに縮まるケースと逆に伸びるケースがありますが、通信範囲が伸びる理由の中には、途中に中継局があるなどが挙げられます。ハイキングなどで友達同士とアマチュア無線機で交信を行いながら歩きたい時などは、1~2キロが一般的なものとなり、ローパワー機タイプでも1キロ前後の距離は通信ができます。手の中にすっぽりと収まるハンディ機は邪魔にならないメリットもありますが、バッテリー容量を考えると、長時間の使用はできませんので、省エネモードが付いているタイプを利用するなどがお勧めです。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>