無線機の基本を学ぶ

無線機の使い方

無線機の使い方 現在、様々な場面で使用されている無線機は、利便性が高い無線の交信手段として重宝されています。
無線機の使い方としましては、まず最初に電源を入れます。方法としましてはボリュームダイヤルを回します。
電源が入りましたら、マイクに向かって話すことで相手に交信することができます。
マイクの音量を調節するのはボリュームのつまみを回して調節します。
交信を行う際はプレスボタンを押しながら話します。
そうすることで、相手側に電波が発信されます。
交信する対象は、チャンネルで特定することができます。
同じチャンネルに登録している人であれば、複数人同時に交信をすることが可能です。
当然1対1での会話も可能となっています。
このように、無線機の使い方はシンプルなものであり、煩雑な操作は必要ありません。
操作方法が簡単である点も、無線機が用いられることが多くなった要因と言えます。
1対1や複数の人と同時に交信ができる利便性の高い機器なのです。

無線機には液晶画面や緊急ボタンが付いているタイプもあります

無線機には液晶画面や緊急ボタンが付いているタイプもあります 工事現場での作業の指示や災害現場での救助の指示、その他にもツーリングで仲間と交信する時などレジャーにも無線機が使われることがあります。
ヘッドセットを取り付ければハンズフリーになるので作業がしやすいです。
一般的に電話でも無線機でも一対一、つまり二人の間で会話を行うことが多いですが、無線機は周波数が合えば複数人と同時に交信が出来ます。
もちろん電話のように相手の喋り終わらないうちに言葉を返すことは出来ず、相手の送信が終わったら、こちらが送信するといった交互の交信になります。
ですが近年は相互に交信が出来るタイプも登場しています。
さて無線機にも小さいながら液晶画面の付いているものもあります。
機器の設定を行う時に便利ですが、それだけではなく緊急信号を受信した時に、そこに何らかの表示が出来るようになっています。
機器本体には赤色かオレンジ色のボタンが備わっている時があります。
その多くは緊急用のボタンになっています。
緊急ボタンを押すと本体のスピーカーから警報音を鳴らしたり、緊急信号を近くの機器に送ることが出来ます。
危機に見舞われ、喋ることが困難になっても、そのボタンを押すことで周りに緊急事態を知らせることが出来るのです。

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>